風俗 求人
風俗嬢コラム

オナ禁すればするほど良い!は嘘?!オナ禁をするメリットとデメリット

この記事を書いた人

makino

はじめまして「makino」と言います。現役の風俗嬢です。文章書くのが好きで”お客様のためになる”なにかを届ければと思って記事を執筆することになりました。よろしくお願いします。

「オナ禁」
男性であれば一度は試みたことがあるのではないでしょうか?

オナ禁とは、一定期間オナニーを禁止することを言います。
オナ禁をすることで、勃起力が向上したり、禁欲明けの射精時には、興奮度が高まっていつも以上の快楽を味わうことも期待できるでしょう。

「なかなか固くならなくて困っている」
「1回だけではなく、2回3回と楽しみたい!」

と思っている方は必見の内容となっています。
また、メリットがある反面でデメリットもありますので、事前に確認してから始めることをお勧めします。

 


オナ禁をするメリット4選

まず初めにオナ禁をすることで得られるメリットや効果をご紹介いたします。

勃起力の向上

オナ禁をすることで、身体の中で生成されている「テストステロン」というホルモンが蓄積されます。

テストステロンは、簡単に言うと男性ホルモンの代表であり、筋肉質な体格や骨格を作り上げるために重要なホルモンです。
つまり、テストステロンが低下すると勃起力や射精回数などの男性的な生殖機能が低下してしまうのです。

テストステロンは射精をするたびに低下するとも言われており、オナニーの回数が多いほどテストステロンが減り、勃起力も徐々に低下していきます!

オナ禁をしてテストステロンを体内に蓄積させることで、自然と勃起力は向上するようになっているのです。

 

2度、3度射精ができる

射精の時に発射する精子は精巣で、72時間をかけて満たされます。
そのため、毎日オナニーをしている人や2日に1回ペースで射精をしている方は、精子が満たされる間も無く外に放出されているということになります。

精巣内に溜まっている精子量が多いほど、射精回数も増えます。

「いつも2回戦もやりたいけれど、なかなかできない」という悩みがある方は、オナ禁をして精巣に精子が満タンな状態にしてあげましょう。

また精子をためておくことで、ペニスがパンパンに腫れるので、いつもより大きく見せることもできます。

 

射精をした時の快感が格別

オナ禁をしておくことで、いざ射精!という時に、強い達成感、解放感、快感を一気に得ることができるのです。

つまり、いつも以上に気持ちが良くなれると言うことです。

食事と同じように、毎日高級なご飯ばかり食している人と、特別な日だけ高級な食事を摂る人とでは、満足度がかなり違いますよね。

 

オナニーをする時間を他の時間に使える

あなたはオナニーにどれほどの時間をかけていますか?
平均的に男性は約20分をオナニーに時間をかけていると言われています。

もし毎日20分オナニーをしていたら、1週間で2時間20分をオナニーにかけていることになります。

もしオナ禁をしたら、その時間を自分の趣味など他の時間に活用することができます。

オナニーの時間が無駄、勿体無いというわけではありません。
もちろんオナニーをすることで精神状態を落ち着かせたり、自分の体を満たす時間として大切な時間であると思いますが、20分もあれば普段ふとした時にやらなきゃいけないことややりたかったことを進めることができるかもしれません。

ぜひあなたが普段どれくらいの時間をオナニーに費やしているのかを考え直すきっかけになればと思います。

 


オナ禁にはデメリットもある!?

ここまでオナ禁をするメリットをご紹介してきましたが、同時にオナ禁をすることでデメリットも生じます。

オナ禁のデメリットは主に以下の3つが挙げられます。

早漏、遅漏になる場合もある

オナ禁をしていると、精子の蓄積や、我慢をしていることによってストレスにつながり、いざ射精をするときにいつも以上に早く射精をしてしまったり、逆に射精が遅くなってしまったりする可能性があります。

ただその分、メリットでもご紹介したように、射精時にいつも以上の快感、満足感を得られることもあり得ます。

 

ムラムラして集中できなくなる

普段からオナニーを頻繁にしている人にとっては、オナ禁中はムラムラを抑えるのがストレスに感じたり、他のことに集中できなくなってしまったりするかもしれません。

しかし、禁欲とはそういうものです!

ムラムラを乗り越えた先にこそ、快楽があります。
初めは、無理をしない程度に少しずつオナ禁期間を長くしていくと良いかもしれません。

 

女性への興味が薄れて逆効果になってしまう

オナ禁をすることと同時に、それまでおかずにしていたA Vなどからも離れるということになります。

そのため、長期間オナ禁をしていると、女性にムラムラすることが減り、女性に対しての興味が薄れてしまう場合もあります。

そうなると、いざ女性を目の前にした時にも興奮しづらくなり、性機能が低下してしまう恐れがあります。

 


オナ禁の期間

オナ禁は長ければ長いほど良いというわけではありません。
より気持ち良く、満足度の高い性生活を送りたいという方は以下でご紹介する期間を目安にオナ禁ができると良いかと思います。

1週間チャレンジ

まず、初めてオナ禁にチャレンジする場合は、1週間を目安にしてみると良いでしょう。

先述しました通り、人によってはオナ禁で良い効果を得るはずが逆に悪影響となる場合もあります。

オナニーをしない生活に慣れるためにはまず、1週間チャレンジすることをお勧めします。

1週間でも辛い!我慢できない!!という方は、毎日から2日に1度、3日に1度など少しずつ長くしていくと良いでしょう。

 

3週間ほどのオナ禁がベスト

勃起力の向上や射精回数を増やしたい、全然快楽のためなら我慢ができる!という方は、3週間を目安にオナ禁をしてみましょう!

3週間オナ禁をしても、なかなか変化が見られなかったり効果が得られない様子であれば、精力剤を併用してみるのもお勧めです。

 

1ヶ月を超えるオナ禁はあまりおすすめではない

オナ禁は、初めは1週間から。そして長くて3週間がベストな期間です。

オナ禁をすることで得られるメリットは数多くありますが、場合によってはデメリットでご紹介したような性機能を低下させてしまう危険もあります。

長ければ長いほどよいというわけではないのがオナ禁です。
他にも、オナ禁をしすぎて精子を出さないまま精巣にためすぎてしまうと、前立腺ガンなどの病気になるリスクを高めてしまう可能性もありますので、注意をしましょう。

 


快楽を求めるならオナ禁を取り入れてみよう!

今回はオナ禁をするメリット、デメリットをご紹介してきました

オナ禁をすることで今の悩みなどを解消できる可能性もありますが、同時にデメリットが生じる場合もあります。

オナ禁は長ければ良いわけでもありませんので、長くても3週間を目安に、普段の生活に取り入れてみてくださいね。

ABOUT ME
makino
はじめまして「makino」と言います。 現役の風俗嬢です。 文章書くのが好きで"お客様のためになる"なにかを届ければと思って記事を執筆することになりました。 よろしくお願いします。
東京プレミアムグループで一緒に働きませんか?