風俗 求人
風俗嬢コラム

妻の性欲をよみがえらせたい。結婚した女性の性欲が激減する理由と改善策

この記事を書いた人

makino

はじめまして「makino」と言います。現役の風俗嬢です。文章書くのが好きで”お客様のためになる”なにかを届ければと思って記事を執筆することになりました。よろしくお願いします。

風俗を利用される男性の悩みの一つに、奥様のパートナーの性欲が関わってきているんのではないでしょうか?

中には奥様との性生活がレスになり、性欲が満たせないがために風俗を利用している方も少なくはないかと思います。

男性にも性欲には波があるかと思いますが、女性は男性に比べてホルモンバランスなどが性欲に関係しています。

ということで今回は、結婚後の女性の性欲が低下する理由や改善策などをご紹介します。

 


妻の性欲がない3つの理由

気持ちいいエッチを経験していない

一昔前までは、結婚しない相手以外とすることは恥ずかしいことだと言われていたことや、男性の性経験の未熟さなどから、本当に気持ちの良い性行為を経験したことがなく、後ろ向きになっているのが原因の一つであると言えるでしょう。

最近では“女性の性“も重要視され始め、オープンに話す人も増えてきてはいますが、女性はやはり男性に比べると、快感を得づらい生き物で「性行為=痛いもの」として認識している人が多いように思います。

そのため、付き合ってからはパートナーの気持ちに応えるために求められたらするようにしていたり、結婚してからは子供を作るために行ってきたという人も少なくはないでしょう。

しかし結婚をして子供を産んでしまうと、わざわざ気持ちよくないことをするのはただ苦痛にしか感じないため、性欲も湧かなくなってしまうのでしょう。

 

仕事や家事に振り回されて疲れ切っている

夫のことが好きという気持ちがあっても、精神的、肉体的な疲れが理由で性欲が湧かないという女性も少なくはありません。

昔ほどは女性が必ず家事をしなければならないという風習は薄れてきましたが、やはり家事や育児は女性の仕事に偏りがち。

また共働きの場合は、仕事もしなければならないため、1人の時間もなくゆっくり休む時間などは本当に限られてきます。

少しでも体を休めたいばかりに、夫から夜の誘いを受けても、うんざりした気持ちになってしまいます。
1人の時間、趣味の時間が取れて、十分な休息が取れている状態であれば、またエッチな気持ちが湧いてくるかもしれません

夫を異性として見られない

結婚をすると、夫を男として見れなくなってしまったという声を多く耳にします。
一緒にいる時間が増え、家族としての関係が長くなるほど、付き合いたてのような恋愛感情は薄れてしまうのが一般的です。

逆に男性にとっても考えられることだと思います。結婚をしてから妻を女として見れなくなってしまうこともあるのです。

 


奥さんの性欲を蘇らせる3つの方法

性行為=痛いを払拭する

先述しました通り、性行為を前向きに捉えられない女性の多くの理由が、性行為に対して痛みや辛さがあるからという場合が多いです。

そのため性欲を蘇らせる一つの方法として、性行為=気持ちの良い行為という印象を与えましょう。

男性は、A Vを見本として女性を扱ってしまうことも多く、無意識的に傷つけてしまっている場合があります。
また女性は、性行為について学ぶ場所や機会も少ないために、男性任せとなってしまい、経験した男性次第で性行為に対する印象が植え付けられてしまいがちです。

女性の身体は、お豆腐のように柔らかく繊細です。

普段の何気ないスキンシップなどでも優しく触れることを意識し、前戯にはたっぷり時間をかけて女性の気持ちを観察しながら行うことを心がけましょう。

 

気持ちをしっかりと伝える

結婚してからもしっかりと奥さんに対して、愛情や感謝の気持ちをしっかりと伝えていますか?

結婚をしてからは、もう家族だから良いだろうと。謎の安心感などから気持ちを伝えなくなってしまいがちです。

言葉でも文章でも、方法は問いません。
とにかく相手に伝わる方法で毎日伝えてあげることで、改めて相手の気持ちを考えるようにもなり、また私のことをしっかり見てくれている、気にしてくれているのだと嬉しい気持ちになるのです。

 

女として扱う

結婚してから奥さんを女性として見れなくなってしまったという声も、男性から耳にすることもあります。

だとしても一度、改めて奥さんを女性として扱ってあげて見てほしいのです。
先ほど書きましたように、日々感謝の気持ちを伝えることもそうですし、手を繋いでみたり、ハグをしてみたり、奥さんの気持ちを優先して考えてあげるように意識してみましょう

スキンシップをすることで、奥さんの気持ちが変わることもあります。
仕事や子育て、家事に追われている毎日の中で、2人だけの時間を作ってみてはいかがでしょうか?

そしてぜ、付き合いたての頃のようなデートに誘ってあげてみてはいかがでしょうか?
奥さんの性欲も蘇るかもしれません。

 


いつまでも仲良しな夫婦が気をつけていること

結婚をしたら必ずレスになるというわけでもありません。
中には現役並みに男女ともに性欲が旺盛で、奥さんの性欲が若い時よりも高まったなんてカップルも中にはいます。

そんな夫婦が気をつけていることをご紹介いたします。

ムードを大切にする

女性の多くはムード(雰囲気)を大切にする傾向にあります。
いかに好きな相手であっても、性欲が減退していなくとも、毎日家事や育児をしている家、子供がいる環境、物が散らかった部屋などではエッチな気分にはなかなかなれません。

女性は特に香りに敏感なので、お部屋でアロマを焚いたり、時には家から飛び出して2人きりの時間を作るなどの工夫をしているのです。

 

相手のことを思いやる

ムラムラした時、相手に自分の気持ちを押し付けてしまったりはしていませんか?
性生活は2人の気持ちが重要。お互いが思いやる気持ちがあってこそ、気持ちの良い時間を過ごすことができるのです。

仕事で疲れていたり、ストレスが溜まっている様子がうかがえる場合は、誘わないようにしましょう。また、疲れが見えた時には、奥さんが喜んでくれるよう、家事を積極的に手伝ったり、マッサージをしてあげるなどもおすすめです。

 

刺激を忘れないようにしている

性欲を沸き立たせるには、優しさだけではなく多少の刺激もかなり効果的です。
男性は視覚情報から興奮することが多いため、女性は素敵なランジェリーを身につけたり、身だしなみを気にするなどの工夫をし、男性も体臭や身だしなみを気にかけています。

マンネリ化しないようにグッズを使ってみたりするのもおすすめ!

 


どうしても満たされない時の最終手段!

男性、女性に問わず、必ず誰もが性欲があるわけではありません。
努力をしても奥さんの性欲が湧き立たないようであれば、無理に誘うことはやめましょう。逆に関係が悪化してしまう可能性もあります。

そういった場合は、風俗という手があります。
自分のお小遣いにあった風俗店を見つけて、ほどほどに利用をしましょう。

ABOUT ME
makino
はじめまして「makino」と言います。 現役の風俗嬢です。 文章書くのが好きで"お客様のためになる"なにかを届ければと思って記事を執筆することになりました。 よろしくお願いします。
東京プレミアムグループで一緒に働きませんか?