風俗 求人
コラム

風俗で働いていたら風邪の症状が出てきた…これって休むべき?

風俗は人との交流によって、お金をもらえるお仕事です。
むしろ接触しているくらい距離が近いので、風邪をもらう機会も少なくありません。

そのため、仕事をしていて、風邪かな?と思って出勤するべきか迷う女性も多いでしょう。
一般的な仕事だと、風邪だと思えば休むべきだという選択がほとんどです。
しかし風俗だと、収入が下がるリスクが高いので、出勤するべきか悩んでしまう人も多くいます。

お金のために風俗で働く人が多いため、悩むのはわかりますが、休んでしまうのがおすすめです。
その理由についてまとめてみました。

この記事のポイント
  • 風邪かな?と思っても出勤しない
  • お客様に感染させたら大変
  • 不安ならお店に相談するのが1番

結論:風邪なら無理をせずに休むべき!

出勤しないと、風俗では収入が下がってしまいます。

それは個人事業主として働いているから。
雇われているわけではないので、お客様に接客しない時間が長いと、ダメージとして大きいでしょう。

しかし、それがもしただの風邪ではなかったら、少し怖くないですか?

風邪だからと自己判断しない!病院に行って診断してもらう!人にうつす病気なら出勤しない!

今の症状が風邪と似ているだけで、性病だった場合、うつされたお客様は怖くて指名しなくなるでしょう。
長い目で見たら、損をしてしまうわけです。

どうしても報酬が気になるのなら、「日給保証」という制度を利用しましょう。

https://www.whitebell-shibuya.com/girls/daily-wage-guarantee/

これはお店によってないところもあるので、働く前に聞いておくと安心ですね。
簡単にいうと、1日休んだとしても、一定の報酬は保証してくれるもの。風邪で数日休んだからといって痛くありません。

それでも、風邪で休んだとしたら、スタッフがどう思うか不安…。
このように悩む人もいるかもしれませんが、これも心配ありません。

https://www.whitebell-shibuya.com/girls/%E9%A2%A8%E4%BF%97-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95/

普段から仲良く接しているのなら、少しくらい休んだとしても、嫌な顔をされません。
そもそも、誰でも風邪はもらうものです。
あまり気にせず、大量不良と報告をして休んでしまいましょう。

本当に風邪だった時の対応
実際に病院に行って、風邪だった場合の詳しい対応について見てみましょう。
風邪でよかった…と思うかもしれませんが、そもそも風邪にかからないようにするのが基本です。

基本は風邪にかからないように予防する!

そこまで安堵する前に、何がダメだったのか反省しておいてくださいね。
それをした上で、風邪の対処法について紹介します。

  • 無理に出勤する
  • お店から休みをもらう

大きく分けて2パターンだと思います。
あなたは、どちらを優先しますか?
お金のためだと思えば、無理に出勤する人もいるかもしれませんね。

対応①無理に出勤するけどお客様にうつさない

あくまで風邪であったとしても、お客様に自分の風邪をうつしてしまうのは控えたいところ。
そこで以下のような意識で接客するようにしましょう。

必ずキスをされそうになったら自然に断ること!

風邪がうつる原因は、ウイルスが相手に入ってしまった時です。

もともと、主に粘膜が体内に入ってしまった時点で、風邪のウイルスが感染するとされています。
風俗でいうと、キスがこれに該当するでしょう。
くしゃみなどで唾液がかかるだけで、風邪がうつるとされているのに、唾液を直接口に入れてしまえばうつるのも無理はありません。

キスを断る方法の一例
  • 口内炎ができていると伝える
  • 断ったらキス以外の接客で満足してもらう
  • 恥ずかしいと言ってごまかす

自分からキスをしない意識も大事ですが、問題はお客様から求めてきた時です。
その時は上記のように、うまく拒否できるテクニックを身に着けておきましょう。

おすすめなのは、風邪以外の別の理由で「キスができない」と直接伝えること。
ただ拒否をするだけではなく、別のテクニックでお客様を気持ちよくさせてあげてください。

https://www.whitebell-shibuya.com/girls/%E9%A2%A8%E4%BF%97-%E4%BA%BA%E6%B0%97%E5%AC%A2-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF

対応②お店に体調不良だから休むと忘れず伝える

上記でも紹介したように、風邪とわかれば、休んでしまうのが無難な方法です。

そもそも風邪というのは、あやふやな言い方でもあります。
「何の病気なのか診断」してもらうのが先なので、休むとお店に報告をしてから病院に行きましょう。

むしろ休んだほうがいい風邪以外の病気
  • インフルエンザ
  • コロナウイルス
  • ノロウイルス など

そもそも風邪で休むのは、お客様に感染を広げないこと。
それが目的だったのを忘れないでください。
風邪のつもりが、上記のように、感染しやすい病気だったら大変です。

早く風邪を治すための療養する方法

病院に行って、風邪だと診断されれば、早く完治したい人がほとんどでしょう。
その時は以下のように、原因を知ることが先決です。

風邪を早く治すためには、原因を正しく知ることが大事!

そもそも風邪というのは正式名称ではありません。
風邪というのはわかりやすくするための言い方。以下のような正式名称があります。

正式な病名の一例
  • 急性上気道炎
  • 咽頭炎
  • 鼻炎 など

どこに炎症が起きて、体調不良になっているのか把握できれば、療養するのも効率的にできます。
早く風邪を治すためにも、病院に行ったほうがいいわけです。


もしも風邪でなかったら?どんな病気が想定される?

風俗で働いていて、体調不良になったとしたら、その時点で性病を疑いましょう。
じつは風邪によく似た症状のものが多いので、勘違いしてしまう人もいるくらいです。

https://www.whitebell-shibuya.com/girls/seibyou/

性病の可能性もゼロではない!

性病といわれてもピンと来ない人も少なくないでしょう。

もともと風俗は、体を密着させて接客する仕事です。
この密着というのが原因で、どちらか一方が性病に感染していると、もう1人に性病をうつしてしまいます。
もしその感染しているほうが風俗嬢だった場合、不特定多数に感染を広げてしまうでしょう。

しかも厄介なのが、一部の性病は風邪の症状と似ているところです。

風邪に似た初期症状の性病の一例
  • HIV:発熱や喉の痛みなど
  • A型肝炎:倦怠感や黄疸など
  • クラミジア:発熱や喉の痛みなど

このように風邪と勘違いして、無理に出勤してしまうと、一気に性病が広がってしまいます。
お客様からしてみれば、あの風俗嬢がうつしたと、悪い噂が広がってしまうのも容易に想像できるもの。
そのため、以下のような対策を意識しましょう。

頻繁に出勤しているのなら、定期的に性病の検査を受けたほうがいい!

性病検査は、自分のためだけでなく、お客様のためでもあります。
お店でも推奨しているところがほとんどです。
特に風邪っぽい症状が感じられたら、自己判断しないようにしてくださいね。

風邪と性病の時の症状の違い

自己判断しないといわれても、よくわからないという人も多いと思います。

そもそも風邪なのか性病なのか、自分で判断できれば、損をしなくてよくなると思う人もいるでしょう。
じつは、風邪と性病には明確な違いがありません。

風邪というのは、のどの痛みやせき、鼻水などが代表的な症状です。
それに対して性病は、以下のような症状が出るとされています。

性病でのどの症状はどのようにあらわれるでしょうか?「ひりひりする」、「つばを飲むと痛い」、「首のリンパ節がはれている、痛い」、「なんとなく違和感がある」、「つっかえる感じがする」、など人それぞれです。

※引用:KARADA内科クリニックより

これを見ればわかるように、明確な症状の違いがありません。
だから勘違いして、性病が広がったという例が減っていないわけです。
風俗で働いている以上は、「性病をもらっているかも」という意識の高さが必要になります。


風邪かな?と思っても風俗では無理に出勤しないのが鉄則!

風邪だと思っても、風俗で働いているのなら、とりあえず出勤をしないようにしましょう。
無理に出勤したとしても、キスなどの接触はなるべく控えてください。

そんな気を遣って接客しないといけないので、ストレスも溜まるでしょう。
無理に出勤せずに、療養して回復してから仕事をしたほうが、気持ちよく接客ができます。
お客様としても、そのほうが喜んでくれるはずですよ。
目先のお金よりも、長期的にどちらがプラスなのか考えて判断してくださいね。

また、風邪ではなく、性病の可能性も否定できません。
定期的に病院に通って検査するのも大事ですが、風邪っぽい症状が感じられたら、病院で診てもらいましょう。
性病を広げない意味でも、無理に出勤しないようにしてください。

東京プレミアムグループで一緒に働きませんか?