風俗 求人
コラム

風俗店が女の子の個人情報を聞くのはなんで?教えても大丈夫なの?

風俗 個人情報

風俗で働くとなった時に、面接の時に「個人情報」を聞かれます。

特に風俗特有なのは「身分証」が絶対に必要だということです。
身分証が必要といったことを聞くと、「なんでそんな個人情報を渡さないといけないの?」と不安に感じてしまう女の子もいると思うんですね。

そこで今回の記事では、「風俗で働くときにお店に個人情報を渡しても大丈夫なの?」ということでお話ししていきます!

結論から言うと「大丈夫」なんですけど、この記事を読むと個人情報を渡す時の不安が薄れると思うので、ぜひ風俗で働こうと思っている人は参考にしてみてくださいね。


なぜ風俗店は個人情報をもらうのか?

そもそもなんで個人情報を渡す必要があるのか、ということについて最初に説明していきます。そこには風俗を健全に運営していく上でとても重要な理由があるんです!

18歳未満や外国国籍の人を見極めるため

風俗は誰でも働けるというわけではなく、「18歳未満」の女性は完全にNGで、「外国国籍」の女性も基本的に働くことはできません。

年齢に関しては、18歳以上でないと働くことができません。「18歳以上なら高校3年生は働けるんじゃん!」と思われるかもしれませんが、風俗店が高校生を雇うことはほぼ100%ありません。
なんでかというと、高校生をお店で働かせていることがバレてしまうと女の子の両親や学校の関係者からクレームが入ってしまう恐れがあるから、なんですね。
クレームが入ると警察からもマークされてしまってお店の運営上かなりリスクが高いので、高校を卒業した女の子しか基本的には働けません。

国籍については、外国人女性は風俗で働くことができないんですね。

ただ例外として、長く日本に住んでいる永住者や定住者、日本人の配偶者がいる女性に関しては働くことが可能です。その「年齢」と「国籍」を確認するために、個人情報が必要になってきます。

風俗 身分証明書
風俗で働く時に必要な身分証明書ってどんなのを用意すればいいの?あなたは今もしかしたら、風俗で働くことを考えているかもしれませんが、 風俗の仕事を始めるには「身分証明書」が必要になります。 今...

従業員名簿を作成するため

会社は労働基準法によって、「従業員名簿を作らなければならない」と定められています。風俗も会社と同じ扱いなので、必ず従業員名簿を作らないといけないんですね。

また風俗店には違法な運営をしていないか警察が定期的にお店を訪ねてきて、その際に従業員名簿を見せるように求められることがあります。

その際に名簿がないと摘発の対象になってしまうので、女の子の個人情報を必ず聞いて、名簿を作っているんですね。

女の子の身バレ対策

風俗の面接では「エントリーシート」というものに、名前や年齢、住所はもちろん、彼氏がいるかいないか、子供はいるか、本職は別であるか、一人暮らしか実家暮らしか、体に傷跡はあるか、といった込み入ったディープな質問をされます。

そこに抵抗を感じる女性もいるかもしれないんですけど、それは女の子が安全に風俗で働けるように、身バレ対策を一緒にするために必要な情報になってくるんです。

女の子がどういう生活を送っているか、といったことがわからないとお店側もアドバイスや対策のしようがないので、身バレ防止のために個人情報は聞いている、ということもぜひ知っておいてくださいね。


風俗店に個人情報を教えても流出はしません!

「いやでも、個人情報がお店から流出することってないの?」と不安に感じてしまうかもしれませんが、大丈夫なんです。

風俗店からあなたの情報が漏れることはほぼ100%ありません。それには大きな理由がいくつかあるんですね。

法律を守ることに特に気を使っているため

風俗店というと、暴力団と関係していて女の子を乱暴に扱って、みたいなイメージがもしかしたらあるかもしれませんが、今はそんなことは全くないんです。

近年の風俗店は法律をを守ることに非常に気を使っていて、健全に運営されています。

なんでかというと、風俗店の摘発が近年増えているから、なんですね。

暴力団と少しでも関係があることが警察にバレるとすぐに摘発をされてしまったり、違法な運営の仕方をしているとすぐに警察に目をつけられる恐れがあるので、今は普通の会社として健全に運営されていることがほとんどです。

法律を守ることに神経を使っているので、女の子の個人情報の管理も非常に厳重にされています。個人情報が流出してしまうとお店の信用問題に関わって、お店の存続に関わってきますからね。

女の子に安心して働いてもらって、お客様に信用してもらえるお店づくりをしているので、個人情報を教えてもそれが悪用されるといった心配はありません。

個人情報の売買の価値が低い

個人情報が流出する場合、業者などに情報を渡すことでお金をもらっている、というケースも多いです。ただ最近は個人情報の価値が落ちてきていて、1件教えたとしても良くて「30円」くらいの価値しかないそうです。

個人情報が流出することのリスクを考えるととても割りに合っているとは言えないので、流出する恐れがもかなり低いと言えます。

お店の評判がガタ落ちになる

これまで何度か触れてきましたが、風俗業界はとにかく「評判」というものが非常に大事です。

評判が良くないとお客さんがお店に来てくれないので利益が出ないのと、働いてくれる女の子も来てくれなくなるので経営が成り立たなくなってしまうんですね。

なので最近の風俗店は、良い評判を作るために真剣にお店を運営しています。

お客様には気持ち良く来店してもらうために接客を丁寧に行ったり、女の子が安心して働けるように身バレ防止策を一緒に考えたり。そうすることで評判を守ることにかなり気を使っています。

少しでも個人情報が流出してしまったら一気にお店の信用も落ちてしまうので、流出する可能性は限りなく低いという風に言えます。


風俗店に個人情報を教えても大丈夫

今回「風俗店に個人情報を教えても大丈夫?」ということについてお話ししてきましたが、最近のお店は本当にお店で働いてくれる女の子を大切にしています。

その女の子を危険な目にあわせるような、個人情報の流出には特に気を使っているので、そこは安心してくださいね。

しかし中には「怪しいお店」もあります。

ただそういうお店は店員の態度や店内の雰囲気を見れば、(このお店は危ないな・・・)ということがわかるんですね。

店員の態度が大きかったり、女の子を見下すような発言をしたり、お店の中が汚れていたりするお店は面接を始める前に「やっぱり帰ります」と勇気を出して断りましょう。

そういうお店に個人情報を渡してしまうと、それを悪用されてしまう恐れがありますからね。

でもほとんどのお店では個人情報の扱いには本当に気をつけているので、安心してください!

デザインプリズムでも女の子の個人情報の扱いには細心の注意を払っています。

女の子が安心して働ける環境作りをしているので、「風俗のお仕事をしてみたい」という女の子はお気軽にご連絡くださいね。

東京プレミアムグループで一緒に働きませんか?